性病なんて極稀なことだろう、と簡単に考えてしまっていませんか?大切な誰かを自分のせいで傷つけてしまう、反対に自分が傷つく可能性だってあります。性病の怖さを知らないまま今後も過ごすのか、いま改めて学ぶのかはあなた次第です。

性病の種類と症状について

性病は性行為によって感染し発症する病気で多くの種類があります。性病の中には一度感染してしまうと完治しない病気や性器だけでなく喉に感染する病気などさまざまです。性病は女性と男性では症状が異なるため、どのような症状が現れるのか知っておく必要があり、病気によってはコンドームを着用しても予防できないものもあるため性病について詳しく知っておくことが重要となります。感染しても早期に発見すれば早く完治させることができる病気としてはクラミジア、毛じらみ、性器ヘルペス、トリコモナスなどが挙げられます。クラミジアに感染すると男性の場合は膿のような分泌液、排尿時の痛みが現れ、女性の場合は織物の増加や不正出血が現れます。毛じらみは陰毛に白い虫が付着し激しいかゆみに襲われます。性器ヘルペスは男女ともに性器付近やお尻に水膨れ、赤いぶつぶつが現れるようになります。トリコモナスは男性の場合ほとんど症状がありませんが、女性は悪臭の強いおりものや陰部にかゆみや痛みがあらわれるようになります。性器だけでなくオーラルセックスを行うことによって喉に感染する性病もあります。カンジダ症や淋病は口腔内に感染するため注意が必要です。カンジダ症は陰部に激しいかゆみや膿のような分泌物が現れ、喉に感染すると風邪のような症状が現れます。淋病は排尿時の痛みや下腹部の痛みや不快感などが現れます。カンジダ症も淋病も放置しておくと扁桃腺炎を引き起こすこともあります。一度感染してしまうと完治することがない性病として有名なのがHIV感染症、そして肝炎が挙げられます。HIVは免疫が機能しなくなる病気で発症すると命にかかわる恐ろしい病気です。肝炎も放置しておくと肝硬変の原因となったりするため感染しないように予防することが大切です。HIVも肝炎も性器に症状はなく風邪のような症状など全身症状が現れます。

性病は絶対治せるものなのか

性病は基本的に治療できるものだとして考えて差し支えありません。もちろんさまざまな種類があるのですから完治までにかかる時間は異なりますし、治療に必要となるアプローチも異なります。そのためどのような性病でも即座に完治できるわけではないとはいえ、ほとんどの性病は治療できるようになりました。ただその例外として押さえておきたいのがエイズと性器ヘルペスです。まずエイズはヒト免疫不全ウイルス、HIVに感染することで引き起こされる非常に恐ろしい性病です。症状としては免疫機能の極端な低下による発熱や体の痛み、頭痛といったようなものがありますが、このエイズは現代医学を持ってしても完治させることが出来ない不治の病として扱われています。治療薬の投与による症状のコントロールは可能になりましたのでかつてと比べれば遥かに進歩していますが、それでも完治が難しいということは変わりません。次に性器ヘルペスについてはヘルペスウイルスに感染することで引き起こされる性病となっています。単純にヘルペスの発作が出た場合は薬によって治療することが出来るのですが、このウイルスは一度感染すると体内に永遠に潜み続けるという特性があります。そのため体調が崩れている時などはウイルスの活動が活発になって症状が再び引き起こされる、治療によってその症状を抑えて回復させるという繰り返しが行われることになるのです。
ただこちらは健康的な生活習慣を心がけたり再発抑制療法を行うことで再発率を引き下げるなどの対策が出来ますので、エイズと比べれば危険度は低いとみて良いでしょう。性病の多くは治療可能であるとはいえ、こういった病気に関してはまだ治療法が確立されていません。軽い気持ちで性行為をするとこうした病気に感染してしまうことになりますので、くれぐれも性病予防はつねに意識するようにしましょう。

性病治療の費用はいくらくらい?

性病治療の費用は健康保険が利用できるので2千円から3千円程度になりますが、感染している性病によっては長期療養が必要なので費用が高額になります。とくにHIVはウイルスを完全に取り除くことができないので、半永久的に薬を服用し続けなければならないので、医療費が非常に高くなる可能性があります。クラミジアの場合は抗生剤の投与で治療が終わりますが、検査が2回行なわれるので、1万円以上かかりますが、薬を服用するだけで完治するので費用があまりかかりません。しかしクラミジアに感染して、その菌が耐性菌だった場合は他の薬を服用しなければならないので、更に費用がかかります。また重症化して入院治療が必要になった場合や、顔にニキビにような発疹ができた場合には追加で費用がかかります。日本人に多い性病としてはクラミジアや梅毒がありますが、これらは粘膜の接触で感染するので、セックス以外で感染することはほとんどありません。クラミジアは感染しても症状がでる割合が少ないので、気が付かないまま他の人に感染させていることが多いので、若い女性を中心に感染が広がっています。梅毒の場合はクラミジアよりも症状が重いので、発熱や腹痛などで病院を受診して感染が判明することが多く、重症化すると免疫力が低下するので皮膚や内臓が炎症を起こして死に至ることもあります。ウイルス性の性病で多いものはヘルペスで、口などにヘルペスによる発疹ができているとキスをしたときに感染するので注意が必要で、口唇ヘルペスはセックスが原因ではなく、もともと体の中に存在しているウイルスが免疫力の低下で唇の周囲に水ぶくれを起こしたものです。性器のヘルペスは非常に強い痛みがあるので、治療をしないと排尿障害などで生活の質が著しく低下します。
■性病のひとつの尖圭コンジローマの治療薬
イミキモドはコンジローマ治療に最適
■若い人の中で蔓延中!クラミジアという性病
クラミジア検査しなくて大丈夫?
■ 性病のトリコモナスにお悩みの方はこちら
フラジールで性病を治す